前へ
次へ

中高一貫校と小中一貫校とどちらがいいか考えました

私立に多いのですが、中高一貫校と小中一貫校が流行っています。
最近では全国の公立でも取り入れられています。
決められた枠の中ではありますが、6年間や9年間の中で学校独自の教育プログラムが組めるため、英才教育も可能となるシステムです。
小学校の内に中学の知識まで習得できたり、中学の内に高校の知識まで習得することが可能です。
理系に特化した授業を取り入れたスーパーサイエンスハイスクールの公立中高一貫校もありますね。
小中高の一貫校もありますが、12年間は長すぎてぬるま湯につかってしまう場合があります。
中学受験か高校受験を挟んだほうが良いのかもしれません。
受験はやはり子供たちのやる気を増進させたり、知識の吸収を助けることでしょう。
スポーツ界や囲碁将棋などで年齢が若くて活躍している選手を見ると、英才教育をするならば早いほうがいいと考えます。
幼いころの教育や体験は重要です。
有名高校の合格を目指して小中一貫校がいいと思っています。

Page Top