前へ
次へ

学力でもスポーツでも英才教育は必要でしょう

必ずしも正解とは言えないかもしれませんが、幼いころからの英才教育は必要と考えます。
特にスポーツ選手として活躍している皆さんを見るとそう感じます。
卓球で世界に名をとどろかせた選手、体操の有名選手、フィギアスケートの選手など幼いころから、親やコーチから指導を受けています。
世界で活躍するには、やはり幼いころからの環境が大切なんですね。
もちろん学生や社会人になってから始めて活躍する選手もいますが、世界で活躍するには幼少のころも大切ですね。
スピードスケートで金メダルの小平選手は、英才教育を受けた訳ではないのですが、小さいころから一旦スケート靴を履くと暗くなっても戻ってこなかったそうです。
そんな経験が、大人になって花が開くのでしょう。
囲碁や将棋の世界でも、小学生でプロデビューする人もいます。
天才などともてはやされますが、幼いころの教育から普通の人とは違っていたようです。
そう考えると、保育園のころやあるいはその前の教育と体験が人の能力を伸ばしているんですね。

Page Top